【パワプロ】アカウントの売り方と買い方とは?40万円のアカウントも紹介

この記事をご覧になっている人の中には、パワプロのアカウントを売りたい!けれどどのようにしたら売ることができるの?どこで売れるの?と思っている方や

パワプロのアカウントを買いたい!けれどどこで買えるの?そもそも安全なの?と思っている方が多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、パワプロのデータアカウントの売り方と買い方を紹介しています。実際にデータの引き継ぎ設定から出品まで紹介します。ぜひ参考にしてください。

パワプロのデータアカウントの売り方(出品する)

パワプロのデータアカウントを売る際には、パワプロのデータ引き継ぎ機能を利用します。データ引き継ぎ機能を利用すると「引き継ぎID」が発行されます。

この引き継ぎID自体を出品します。アカウントが売れたら購入者に引き継ぎIDを渡すという流れになります。

パワプロで引き継ぎIDを発行する

売りたいアカウントが入ったスマホでパワプロのアプリを起動します。

トップページ右上の「MENU」を選択します。

中央の「設定」をタップします。

設定画面が開くので、「引き継ぎ設定」を選択します。

方法が2つ提示されます。今回はパワプロの引き継ぎIDを利用するので「パワプロアカウントで登録」を選択します。

引き継ぎIDと共にパスワードを入力するページが現れます。

自らパスワードを設定しましょう。

「引き継ぎ設定を登録しました。」をタップすると引き継ぎ完了となります。

発行した引き継ぎIDとパスワードはどこかにメモで残しておきましょう。この引き継ぎIDとパスワードをサイトで販売します。

パワプロのアカウントを出品する

実際にパワプロのアカウントを出品してみましょう。アカウントを売る場所は色々ありますが、著者は安全面などの理由からゲームトレードというサイトを利用しています。

今回は、ゲームトレードでポケモンGOのアカウントを売ってみましょう。

ゲームトレードに新規登録

上記のリンクよりゲームトレードにアクセスします。

右下の出品ボタン、または新規登録のボタンから新規の会員登録をします。

メールアドレスかSNSで登録することができます。登録済みの方は、ログインを行います。

ゲームトレードにパワプロを出品する

出品ボタンから出品ページに飛びますので、各情報を入力していきます。

ゲーム名:パワプロ

タイトル:できるだけ分かりやすく、簡潔にします

説明文:具体的にどんなアカウントなのか、課金したのか、どれくらいプレイしているのか、パワーストーンはどれくらい所持しているのか、どれくらいSRを所持しているのかを記述しておきます。

値段:自分のつけたい値段をつけましょう。わからない方はゲームトレードの相場機能も役立ちます。

相場機能は、それぞれゲームトレード内のゲームのページ内に存在します。今までどれくらいの値段で売れてきたかが分かります。

最後に出品ボタンを押すと出品となります。

パワプロのアカウント相場は最高で40万円以上

ゲームトレードの相場機能は、実際にどれくらいの強さのアカウントがどれくらいで売れたのかが分かる機能です。

PSR50 複数 廃課金 パワプロ アカウント アプリ

450,000円

パワプロ総額400万過去最強アカウント

359,000円

パワプロの相場は高くて40万円程度になっています。

ただし、普通のアカウントでも1500円ほどで取引されています。実際にゲームトレードで相場を確認してから出品しても良いでしょう。

売れたら引き継ぎIDを渡す

ゲームトレードでアカウントが売れた場合には、登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

ゲームトレードでの購入者とのやりとりは以下の流れになります。

  • パワプロのアカウントを購入者が購入
  • 購入者が代金をゲームトレードに振り込む
  • 代金の振込がゲームトレードで確認される
  • 代金振込確認のメッセージが届いたら、出品者が引き継ぎ情報を渡す
  • 購入者が引き継ぎ情報を確認する
  • 購入者が出品者をレビューする
  • 代金が出品者に振り込まれる

購入者と何度かやりとりをし、代金が振り込まれたことが確認できたら、以下の2つを渡します。

  • 引き継ぎID
  • 引き継ぎパスワード

以上を渡した後、購入者側から確認のレビューが付くと代金が振り込まれます。

パワプロアプリのアカウントの売り方は以上になります。

パワプロのデータアカウントの買い方(購入する)

実際にパワプロのアカウントの購入方法と注意点を紹介します。パワプロのアカウントを購入するということは、引き継ぎIDを購入するということになります。

パワプロのアカウントを買う場所はRMT.clubやRMT KINGなど様々ありますが、安全面を考慮してゲームトレードをオススメします。

ゲームトレードを利用したことがない人は、先に会員登録を行います。

会員登録完了後にパワプロのアカウント一覧にアクセスします。「スマホゲーム一覧」からもアクセスできますし、検索してもアクセス可能です。

アカウントの一覧ページから相場機能を利用したり、「いいね」を押して通知を受け取ることができます。

欲しいパワプロのアカウントがあった場合には、「購入手続きへ」から簡単に購入することができます。出品者と何度かやりとりをします。

ゲームトレードでの購入後の流れは以下のようになります。

  • パワプロのアカウントを購入者が購入
  • 購入者が代金をゲームトレードに振り込む
  • 代金の振込がゲームトレードで確認される
  • 代金振込確認のメッセージが届いたら、出品者が引き継ぎ情報を渡す
  • 購入者が引き継ぎ情報を確認する
  • 購入者が出品者をレビューする
  • 代金が出品者に振り込まれる

ゲームトレードでは先に購入者が代金を振り込みます

代金の振込が確認された後、出品者側から引き継ぎIDとパスワードを伝えられます。自らのパワプロに購入したデータを引き継ぎ、確認したら出品者を評価します。

以上で買い取り完了となります。

パワプロのデータを引き継ぐ

実際に購入したパワプロのデータを引き継ぎましょう。

自らのスマホにパワプロをインストールし、起動しましょう。

パワプロのトップ画面の左下あたり「データを引き継ぐ」をタップします。

タッチしながら、同意するボタンを押します。

データ引き継ぎの方法が表示されます。今回はパワプロアカウントで引き継ぎを行います。

購入した引き継ぎIDとパスワードを入力します。

最後に「引き継ぎ」をタップして完了です。引き継がれた中身が欲しかったパワプロのアカウントと一致しているか確認しましょう。

中身に特に問題なければ出品者を評価しましょう。

以上がパワプロのアカウントの買い方です。

パワプロのデータアカウント売買時の注意点

引き継ぎIDの先渡しをしない(売り方)

パワプロのアカウント取引は、引き継ぎIDを利用して行われています。この引き継ぎIDを先渡しする行為は絶対にしないでください。

購入者に確認したいと言われ、引き継ぎIDを先渡してしまい、お金が振り込まれないというトラブルがあります。このようなトラブルを避けるためにも相手のお金が振り込まれてからアカウントの情報を渡しましょう。

パワプロのアカウントを評価前に確認する(買い方)

パワプロのアカウントを購入したら、出品者を評価する前に必ず自分でログインしてアカウントを確かめてください。

中身が違った場合などは、出品者の手違いの可能性があります。評価前に中身が違う旨を伝え、お互いが納得のいく取引を心がけることが大切です。

取引後に引き継ぎIDを変更(買い方)

取引終了後にそのままパワプロをプレイしていると、出品者が勝手にログインしてしまうトラブルが往々に発生します。

そこで取引後に購入者側でパワプロの引き継ぎIDを引き継ぎ後に再び発行しましょう。第三者がログインできないようにしましょう。

パワプロのデータアカウントの売り方と買い方まとめ

パワプロのデータアカウントの売り方と買い方は以上になります。今回はゲームトレードでの売り方、買い方を紹介しましたが、他のサイトでも流れは同じになります。

パワプロのデータアカウントの売買は頻繁に行われていますが、売買をした時点でパワプロのアカウント停止などの対象になります。売り方と買い方のそれぞれを理解した上で、自己責任で行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Bitnami