【白猫テニス】アカウントデータの売り方と買い方とは?トラブルや引き継ぎ方法も紹介

この記事をご覧になっている人の中には、白猫テニスのアカウントを売りたい!けれどどうやったら売れるの?どれくらいの値段だったら売れるの?と思っていらっしゃる方や

白猫テニスの強いアカウントを買いたい!けれどどこなら買えるの?そもそも安全なの?と思っていらっしゃる方が多いと思います。

そこでこの記事では、白猫テニスのデータアカウントの売買方法を紹介しています。実際にサイトの紹介や出品の仕方まで紹介しています。

白猫テニスのデータアカウントの売り方(出品する)

白猫テニスのデータアカウントの出品は、白猫テニスの引き継ぎ機能を利用して行われます。白猫テニスの引き継ぎ機能ではメアドとパスワードが必要となります。

売りたい人は、このメアドとパスワードをサイトに出品することになります。ただし、先にメールアドレスとパスワードを白猫テニスで発行すると、メールアドレスごと購入者に渡さなければいけません。

また、購入者が設定を変更した場合に、その通知メールが全て出品者の元に届いてしまいます。

これらを回避するには、アカウントが売れた後に購入者のメアドを直接登録してあげるのが良さそうです。

白猫テニスのアカウントを出品する

白猫テニスのパスワードの発行などは後回しにして、先に白猫テニスのアカウントを出品してみましょう。

アカウントを売る場所は様々ですが、著者は安全面などの理由からゲームトレードというサイトを利用しています。

今回はゲームトレードで白猫テニスのアカウントを出品してみます。

ゲームトレードで新規登録

上記のリンクよりゲームトレードにアクセスします。

画面右下の「出品」マークを選択します。

初めての方は、メールアドレスかSNSで登録することができます。登録済みの方は、ログインを行います。

白猫テニスをゲームトレードで出品する

出品ボタンから出品ページに飛びますので、各情報を入力していきます。

ゲーム名:白猫テニス

タイトル:できるだけ分かりやすく、簡潔にします

説明文:具体的にどんなアカウントなのか、課金したのか、どれくらいプレイしているのか、ジュエルはどれくらい残っているのか、星4キャラ、ギアはどれくらい入っているのかを入力しておきます。

値段:自分のつけたい値段をつけましょう。わからない方はゲームトレードの相場機能も役立ちます。

相場機能は、それぞれゲームトレード内のゲームのページ内に存在します。今までどれくらいの値段で売れてきたかが分かります。

最後に出品ボタンを押すと出品となります。

売れたら引き継ぎ情報を渡す

ゲームトレードでアカウントが売れた場合には、登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

ゲームトレードでの購入者とのやりとりは以下の流れになります。

  • 白猫テニスのアカウントを購入者が購入
  • 購入者が代金をゲームトレードに振り込む
  • 代金の振込がゲームトレードで確認される
  • 代金振込確認のメッセージが届いたら、購入者から捨てのメアドを聞く
  • 購入者のメアドを白猫に登録する
  • 引き継ぎ情報を購入者に渡す
  • 購入者が引き継ぎ情報を確認する
  • 購入者が出品者をレビューする
  • 代金が出品者に振り込まれる

購入者と何度かやりとりをし、代金が振り込まれたことが確認できたら、以下の2つを渡します。

  • 白猫テニスの引き継ぎメアド(購入者が準備)
  • 白猫テニスの引き継ぎパスワード

以上を渡した後、購入者側から確認のレビューがつくと代金が振り込まれます。

白猫テニスの引き継ぎ情報を発行する

実際に白猫テニスで引き継ぎのメアドとパスワードを発行していきます。時間は3分ほどで完了します。

アカウント設定まで進む

白猫テニスから画面右上の「メニュー」をタップすると上記の画面が出現します。

「オプション」をタップしてください。

「アカウント設定」をタップしてください。

「メールアドレスで登録」をタップします。

購入者のメアドを登録

ここで購入した人から捨てのメールアドレスを聞いておきましょう。

gmailやYahooメールであれば、問題なく利用できます。

パスワードを決めて「OK」を押すとアカウント登録が完了となります。

引き継ぎ情報として、

  • メールアドレス(購入者が用意したもの)
  • パスワード(出品者がアカウント登録時に発行したもの)

を渡します。購入者がアカウント確認できれば代金が出品者の元に届きます。

以上が白猫テニスの売り方です。

すでにアカウント登録済みだった場合

出品時にすでにアカウントにメールアドレスとパスワードが登録済みだった場合の対処法も紹介します。

白猫テニスに一度登録したメールアドレスは変更できません。

購入者からメールアドレスを聞いても変更できないため、そのままメールアドレスを渡すことになります。

すでに登録済みの旨を購入者に伝えておき、メールアドレスを悪用しないように確認しておきましょう。

白猫テニスのデータアカウントの買い方(購入する)

続いて、白猫テニスのデータアカウントの買い方を紹介します。白猫テニスの引き継ぎ機能を利用して購入します。

購入者は、事前にYahooメールやGmailなどの捨てメールアドレスを用意しておきましょう。

ゲームトレードでアカウントを購入する

白猫テニスのアカウントを買う場所は、RMT.clubやヤフオクなど色々ありますが、今回は売り方同様にゲームトレードを利用した方法を紹介していきます。

ゲームトレードで新規の会員登録を完了させます。

会員登録完了後に白猫テニスのアカウント一覧にアクセスします。「スマホゲーム一覧」からもアクセスできますし、検索してもアクセス可能です。

アカウントの一覧ページから相場機能を利用したり、「いいね」を押して通知を受け取ることができます。

欲しいアカウントがあった場合には、「購入手続きへ」から簡単に購入することができます。出品者と何度かやりとりをします。

ゲームトレードでの購入後の流れは以下のようになります。

  • 白猫テニスのアカウントを購入者が購入
  • 購入者が代金をゲームトレードに振り込む
  • 代金の振込がゲームトレードで確認される
  • 代金振込確認のメッセージが届いたら、購入者から捨てのメアドを聞く
  • 購入者のメアドを白猫に登録する
  • 引き継ぎ情報を購入者に渡す
  • 購入者が引き継ぎ情報を確認する
  • 購入者が出品者をレビューする
  • 代金が出品者に振り込まれる

ゲームトレードでは先に購入者が代金を振り込みます

代金の振込が確認された後、出品者側から引き継ぎ用のパスワードとメアドを伝えられます。白猫テニスにデータを引き継ぎ、確認したら出品者を評価します。

以上で買い取り完了となります。

白猫テニスのデータアカウントを自分の端末に入れる

実際に購入した白猫テニスのデータを自らのスマホで遊べるようにしましょう。

白猫テニスをインストールし、起動します。

画面右下の「機種変更はこちら」をタップします。

上記のような画面が出てくるので、「メールアドレスでログイン」をタップします。

購入したメールアドレス(購入者が事前に用意したもの)とパスワードを入力します。「OK」をタップし、中身を確認します。

特に問題なければ出品者を評価して購入完了です。

白猫テニスのデータアカウント売買時の注意点

安易に引き継ぎ情報を渡さない(売り方)

白猫テニスの引き継ぎ情報は安易に第三者に教えてはいけません。仮に購入者が先に確認したいと言ってきても先に情報を渡すのは控えましょう。

RMTでは、先に情報を渡し、お金が振り込まれないということが起こりやすいです。先に情報を渡すと取引が終了してしまい、連絡を取るのもの難しくなる場合があります。

渡されたアカウントの確認を必ずする(買い方)

一方買う方は、渡された引き継ぎ情報をしっかりと確認しましょう。中身が自分の欲しかったキャラなのか、ギアなのかをチェックしておきましょう。

中身を確認せずに出品者を評価してしまうと取引が完了してしまい、取り返すのが困難になる恐れがあります。十分に注意しましょう。

メアドを事前に準備しておく(買い方)

これは白猫テニス独特のものです。引き継ぎ情報にはメールアドレスが含まれます。このメールアドレスは購入者が準備しておくのが望ましいです。

また、メールアドレスはgmailやYahooメールなどにしておきましょう。白猫テニスで設定を変更した場合には、全て購入者のメールボックスにお知らせが届くようになっています。

白猫テニスのデータアカウントの売り方と買い方まとめ

白猫テニスのデータアカウントの売り方と買い方は以上になります。今回はゲームトレードでの売り方、買い方を紹介しましたが、他のサイトでも流れは同じになります。

白猫テニスのデータアカウントの売買は頻繁に行われていますが、売買をした時点で白猫テニスのアカウント停止などの対象になります。売り方と買い方のそれぞれを理解した上で、自己責任で行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Bitnami